FC2ブログ
| | MENU
 アンデルセンの童話「野の白鳥」で、沈黙の誓いとともに編みあげたイラクサの帷子を白鳥たちに投げた後、エルザは叫ぶ。「私は魔女ではありません!」
 私の沈黙の誓いも果てた。「私は自業自得論者ではない!」叫ぶためだけに立てたささやかなブログ、十八禁。コメントいただける場合には、ローカルルール必読でお願いします。
「ブロとも」申請は受け付けていません。パスワード入力からご閲覧をお願いします。
[Edit]
◇更新履歴◇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快楽を与え合う快楽~山田詠美『蝶々の纏足』によせて

「人はなぜセックスをするのか」
 十数年前、Nifty某フォーラムで、この問いに「快楽」と答えた人は、ある論客にこう蹴散らかされていた。
「エクスタシーなんてさ。マスタベーションのほうが効率的に得られる。なんせ、どこが一番イイか、判っているのは自分なんだから」
 懐かしい論客氏に敬意を表して、問いを少しアレンジしよう。
「人はなぜ、マスタベーションに留めずに、セックスをするのか」


 山田詠美に『蝶々の纏足』という作品がある。ヒロインは、麦生という名の少年の部屋を訪れる。

 初めての男の部屋に足を踏み入れた時、私はキスすらした事のない無知な女だった。けれど、快楽というものは具体的に知っていた。私の頭は想像力にたけていたし、それが命令して動かす、私の指たちはとても勘が良くて賢かったから。

 私は麦生の体の重みを感じながら、ああ、足りなかったのはこれだったのだと気づいた。そして、私は快楽や痛みを訴える小さな叫びが、どれくらい男を幸福にするかを悟った

 この回答は明確で、美しい。
「自分だけで得る快楽より、パートナーと与えあう快楽のほうが価値があるから」。

 だが。このテーゼは、レイプの場合でも同じだろうか? 


 話はかわるが、私はフェミニズムの恩師にきつく言い渡されたことがある。
「異質なものを混同して扱ってはいけない」
「女の敵は男だ、というような、粗雑なレトリックを玩ぶ人たちに、とりわけ注意しなさい」

 この伝でもう一度問いかけてみよう。
 レイプは、すべて同じだろうか?レイプという一語のなかに、異質なものを混同してはいないだろうか?

 レイパーは取調べや裁判などで、「和姦だと思っていた」と主張することがあるようだ。
 それが、罪から逃れるための言い訳ではなくて、本気なのだとしたら、彼はたぶん、
「いやよいやよも好きのうち」
的な戯言を信じたあげく、犯罪を冒してしまった大馬鹿者だということになる。

 ちょっとわき道にそれるが、個人的には、この、
「いやよいやよも好きのうち」
という言葉が、心底嫌いである。これは女性に「その意」があることを伝える能力がないと決め付ける言葉だ。なめんじゃねぇぜ。

……は、ひとまずおいておいて、だ。

 女性に、
「明るい道をお帰りなさい」
と声をかけることは、この種のレイプを助長するだろうか。
 用心深い女性は、男性と二人きりで、暗い道から帰ったりしない、と思うのだろうか?。「近道から帰ろうか」と誘ってついてきたのは、彼女もその気なのだと? しかし、もしかしたら彼女は、「この人はいい人みたいだから疑ったら悪い」とつい断れなかったのかもしれない。あるいは、「ここで断ったら、誰がお前なんか、と腹の中で思うかも」と考えてしまう自信のない女性なのかもしれない。……という可能性を、彼らは本当に考えなかったというのだろうか。もし、それが、
「好きのうち」
ではなく、本当に、
「いや」
なのだったら、(元はあったとしても)信頼は失われ、犯罪者として名指されるかもしれないのに。
 そこまで考えてしまうと、男がいくら、
「和姦だと思っていた」
 と主張したところで、信じる価値があるとは思えなくなってくるのは、私だけなのだろうか。

 まあ、
「いやよいやよも好きのうち」
を、「手練手管」として「使う」女性は確かにいる。ただし、そういう女は最終局面まで拒絶の演技を続行したりはしないと思う。それが本物の拒絶か演技かくらい、途中で気づけよ。……と、思うわけであるw。

 もう一つ書き加えておくと。
「明るい道をお帰りなさい」
と声をかける人間よりも、
「いやよいやよも好きのうち」
を手練手管として使う女たちのほうが、「和姦と誤解するレイプ」を助長するンじゃあるまいか。ただでさえ、女にはYesを伝える能力がないのだという愚かな「思い込み」のある男に、思い込みを信じる体験を与えてやっているのだから。


 と、だいぶ十八禁ブログっぽくなってきたところで。もう一つ、問いを書きつけておく。


 レイパーはすべて、
「和姦だと誤解していた」
とか、
「女が隙を見せるから悪い」
という論理でレイプを行うのだろうか。


「明るい道をお帰りなさい」

「公共の場で被害者の無用心を論う言い方」
であり、
「見ている犯罪予備軍の後押し」
であり、
「犯罪の一歩手前で踏みとどまっている人に、じゃあ、いいんだ、という意識を持たせる」
行為であるという非難は、上記の前提を肯定しなければ出てこない。

 ここまで書いて次稿の内容にピンと来た方は、次稿をお読みいただくには及ばない、読んでも不快なだけで、なんの得もないと思うので。

次稿『わが愛しき娘たちよ』……コニーウィリスの短編を足ががりに、サディズムと禁忌の快楽について。

3/17記事改題
「山田詠美『蝶々の纏足』によせて」
 ↓
「快楽を与え合う快楽~山田詠美『蝶々の纏足』によせて」
スポンサーサイト
[PR]

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ管理MENU(新)

ブログ内検索

RSSフィード

NewMark

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。