FC2ブログ
| | MENU
 アンデルセンの童話「野の白鳥」で、沈黙の誓いとともに編みあげたイラクサの帷子を白鳥たちに投げた後、エルザは叫ぶ。「私は魔女ではありません!」
 私の沈黙の誓いも果てた。「私は自業自得論者ではない!」叫ぶためだけに立てたささやかなブログ、十八禁。コメントいただける場合には、ローカルルール必読でお願いします。
「ブロとも」申請は受け付けていません。パスワード入力からご閲覧をお願いします。
[Edit]
◇更新履歴◇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱法ハーブなら、「科学的に立証」も簡単だけれど。

Twitterに書いちゃったこと、まとめ。

話の流れは、てんたま氏twitterから。
https://twitter.com/tentama_go/status/363528071086739456

“脱法ハーブ”、つまり「現状、違法じゃない」ということ。違法じゃないものを理由つけて取り締まっていいんだったら、ご自分もそういう目に遭った場合にも文句が言えなくなっちゃいますよ・・

https://twitter.com/tentama_go/status/363530450234376193

「実際の罪状はないけど大麻と似たようなことを起こしてるんだから逮捕」が成り立つなら、たとえば「創作物だって性欲を刺激したりはするんだから、3次元の児童ポルノ同様に取り締まっていい」ということにもなりかねません・・・というか、これが規制派の理論です



返信として書いたもの。ブログに移行するときに、適宜、引用部分を補強などしています。

===

脱法ハーブは、
(1)人体への影響を科学的に立証
(2)検出方法を確立 *「影響を受けている個人を判別する方法」ということです。
(3)違法への法改正
を経て、取り締まるべき。

で、創作物も「もし規制するなら」(←仮定形)同様。(1)が証明可能かにまだ疑問を持ってます(つまり影響がないという確信もないのです)

http://www.cyzo.com/2012/02/post_9890.html

 スピーク氏は具体的な危険例として「子どもの性的搾取についての社会的許容を推奨している」「子どもとの性的行為を正常であるかのように思わせている」「画像が急速かつ広範囲に流布されるのに寄与している」「子どもの性的虐待描写物への需要を増大させている」そして最後に、「ヴァーチャルな子ども虐待画像は子どもを手なづけたり、誘惑する際に用いられている」とした。


 ペドフィリア性癖のない個人が、創作物を読むことによって性癖を身につける例が「本当に」ないのか。 性癖のある個人が、創作物を読むことによって、「許容感」を得てしまうことが「本当に」ないのか。まだ得心はいってない。

 でもその一方で、すでに性癖のある個人が、創作物によって、ガス抜きしてるって事例=実犯罪に至らずに済んでいる事例も、やっぱりあると思う。
  創作物が実犯罪を「増やしている」のか「減らしている」のか、プラスとマイナス足して単純計算できるデータがあるのかないのか、知らない。
 データソースを求めてメールした某所からは、了解の返事は今のところ来ていない。
 ポルノが性犯罪を減らすと主張する方がよく引用するグラフ(http://gironline.jp/bbs1.php?threadid=79)は、どうも、他の要因が排除できてない。*
 あ、 Pornography, Rape and Sex Crimes in Japanの英語は未読です。

*性風俗産業の取締りの強化/緩み、性犯罪捜査指導官・指導係の設置、「見た目」概念の突出とリアルへの絶望、など。コメント欄の議論が興味深い。


10/11追記
10/10時点現状
http://www.dotbook.jp/magazine-k/2013/10/10/problem_with_child_porn_prevention_act/
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ管理MENU(新)

ブログ内検索

RSSフィード

NewMark

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。